170916サルビアフェスティバル_1
イベント

サルビアフェスティバル

とっとり花回廊
終了しました
09/16〜11/05

●花のみどころ
(1)10万株のサルビアが花の丘を真っ赤に染める(9月中旬~11月上旬)
秋の澄み切った空の下、真っ赤に色づく一面のサルビアは、1年を通じて花回廊で人気のあるスポット。
1万平方㍍の花の丘には大山をバックに真っ赤なサルビア10万株が一面に咲き誇ります。
圧倒的に美しい風景をお楽しみください。

(2)花が咲いたら大変身★ 菊のトピアリー『菊の恐竜展』(10月7日(土)~11月5日(日))
日本の伝統技術「懸崖菊(けんがいぎく)」のアレンジによる動物やハート型のオブジェが毎年人気の菊のトピアリー。
今年はなんと見上げるほどの大きさの恐竜が登場!
※期間中に徐々に開花して色付いていく変化の様子が楽しめます。恐竜たちは何色になるでしょう?
※トピアリーの形はその年によって異なります。

(3)秋風に踊る可憐なコスモス(9月中旬~10月下旬)
八重咲き、筒状になった花びらなど、色・形の様々なコスモス50品種が登場。
秋風にゆれてふわふわと踊ります。

(4)深みを増す秋のバラ・・・秋のバラ園(10月上旬~11月上旬)
バラ園が再び花盛りに・・・オールドローズ、イングリッシュローズを中心に、100品種500株のバラが
咲き誇ります。秋バラは寒暖差の影響により、初夏のバラよりも薫り高く、味わい深い花本来の色合いと
言われています。

(5)秋色が美しい 花回廊の紅葉(10月下旬~11月中旬)
様々な種類の樹木があるからこそ生まれる、紅葉のグラデーション。
黄金色から赤色に変化するアメリカフウやユリノキなどの高木、コマユミなどの中低木が彩り豊かに園内を染め上げます。
ガーデンデザイナー ポール・スミザー氏監修の「紅葉の庭」では、紅葉の一般的なイメージである
中高木の紅葉ではなく、背丈の低い樹木や宿根草で秋に色付くもの、
鮮やかな色の花や実を付ける植物をメインにした、「見上げるだけでなく囲まれる紅葉」が楽しめます。

スポンサーリンク

詳細情報

開催場所とっとり花回廊
住所〒683-0217 鳥取県西伯郡南部町鶴田110
開催時間午前9時~午後5時 (最終入園午後4時30分)
参加費入園料はこちらをご覧ください
主催とっとり花回廊
お問合せ0859-48-3030
URL